代表ごあいさつ

石黒社長の顔写真

「昔も、今も、未来も、お客様と共に歩む 丸新グループ」

丸新グループのルーツは、石油の国・越後において 「石油精製」に生涯をかけ、昭和の石油王と呼ばれた新津恒吉翁に遡ります。昭和シェル石油の礎を築いた恒吉翁は、新潟市公会堂を寄付するなど社会貢献に腐心、また、ゲストハウスとして新津記念館(現在「公益財団法人」として保存)を遺されました。

戦後、丸新グループ創業者新津義雄は、経済発展とともに車社会の到来の中で、「石油流通」をベースとして起業しました。「笑顔と誠実」をモットーとして、「お客様第一主義」という不変の信念を掲げ、お客様の満足の向上と豊かな社会の実現のため、石油製品販売に加え、LPガス、物流サービス、さらには生活関連商品販売へと業容を拡大し、今日に至りました。創業以来60年余、今日有るのは地域社会の皆様のご愛顧とご支援の賜物と深く感謝しております。

今後とも、私たちは「お客様のもとにさらに一歩近づき、地域生活、企業活動の現場でお役にたてる」企業グループであり続けたいと思います。事業領域としては、これまで通り、エネルギー・物流サービスを基本としつつ、次の2本柱を強化して参ります。第一に、「自動車関連サービス」の強化です。自動車統計によると、新潟県は世帯換算で2.1台保有しており、首都圏と比較して極めて重要な交通手段となっております。このような地域環境を考え、丸新グループはガソリンだけではなく自動車整備から保険まできめ細やかに提供いたします。第二に、これまでのLPガス・灯油供給・設備機器・住宅関連サービスをベースとした「総合生活インフラサービス」を展開して参ります。
加えて、平成28年4月から、企業の社会的責任の一環として、地球環境改善サービスに取り組みます。

丸新グループは、これからも総合力を駆使して、地域のお客様の利便性、快適性向上に努めてまいります。また、創業者の社会奉仕の精神にのっとり、社業を通じて地域文化の発展のため、微力ではありますが、努力を続けて参る所存です。
変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
丸新グループ代表
石黒 義久