代表ごあいさつ

関川社長

お客様価値の創造と実現をモットーに、200年企業を目指して

丸新グループのルーツは、昭和の石油王と呼ばれ、昭和シェル石油(現 出光興産)の源流である新津石油を明治25年(1892年)に興した新津恒吉翁に遡ります。

恒吉翁の信念でもある社会奉仕の精神に則り、戦後、長男の新津義雄が株式会社丸新(丸新グループの中核企業)を創業し、社会の変化を捉えて業容拡大を推し進めてまいりました。「従業員の幸福、お客様の満足、そして、社会との共生、進歩の実現」を経営基本理念に、「お客様第一主義」を掲げ、石油製品の販売を起源とし、LPガス、物流サービス、更には生活関連商品の販売へと事業を拡大してきたのです。これも偏に、お客様や地域社会の皆様のご愛顧とご支援の賜物と深く感謝しております。

さて、丸新グループは明治から大正、昭和、平成を経て、令和の時代を迎え、「素晴らしき未来」への道を切り拓き、200年企業を目指します。

今日、私たちを取り巻く環境は目まぐるしく変化し、お客様の生活ニーズもそれに伴い多様化、細分化が急速に進んでいます。このような激動の時代を乗り切り一層の成長を実現するためには、社員一人ひとりがお客様目線に立ち、自社の存在意義を考え、柔軟な発想によって変化に適応した新しい価値を創造していくことが重要となるでしょう。 丸新グループは、お客様にとっての価値ある満足を創出し提供する企業集団として、3つの事業分野(エネルギー、物流サービス、生活関連用品・サービス)で自らの強みを活かし、将来に向けて持続可能な社会への取り組みを進めてまいります。

令和元年は、丸新グループにとって新たな飛躍に向けた再始動の年であり、企業統治の拡充と効率的なグループ経営実現のための持株会社(ホールディングス体制)への移行を目指して、更なる挑戦と革新の理念のもと力強く邁進してまいります。「社員の人間力を開発・結集」し、「人を活かす」企業として、お客様に、そして地域社会に対して貢献する丸新グループにご期待下さい。今後とも、変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

丸新グループ代表
関川 博信